福袋研究会〜初売りに福を求めて福袋を研究しよう!

福袋 買い方 歴史 裏技 コツ

福袋研究会概要

福袋研究会」とは、新春に発売される福袋について、情報の収集と共有を目的としたホームページです。

福袋研究会」は皆さんから寄せられる情報から成り立つホームページですので、情報を寄せてくださった人たちや、閲覧してくれる人々皆さんのホームページという意味でタイトルに「」の文字を入れてあります。

多くの情報を収集し公開することによって、欲得だけではない福袋のいろいろな楽しみ方を追求することを目的にしております。

福袋取材記

2013年福袋研究会一押し福袋

〜福袋研究会インデックス〜

福袋研究会トップページ
福袋の歴史を探る
福袋戦国時代を検証する
誰が買うのか高額福袋
福袋の魅力とは?
福袋の賢い買い方の裏技
福袋の正しい買い方
福袋に向く人・向かない人
大阪福袋事情の研究
福袋「私の行列体験記」
ネット福袋に魅力を感じる?
わたしだけが知っている変わり種福袋
一番知りたい福袋情報とは?
福袋研究会管理人プロフィール
ご感想のメールはこちらへ
取材・執筆のご依頼はこちらへ

〜Advertisement〜

大丸の福袋
Yahoo!ショッピングで福袋をゲット!!
アマゾンで買う福袋
【毎日★激安】北さんのトーカ堂、欲しいものがここにある

アフィリエイト

2013年のキーワードを制するのは?
「度肝を抜く」松屋の挑戦

 福袋商戦の主導権争い、それはキーワード争奪戦である。

 マスコミは、短く、かつインパクトのあるキーワードを欲しがる。これは福袋でも例外ではない。

 福袋のお披露目会が始まるとすぐに(最近は始まる前からもあって困るのだが)「今年のキーワードは?」、「トレンドは?」とワイドショーの関係者から電話がかかってくる。 1社、2社がお披露目会をした段階で、「キーワード」も「トレンド」もないのだが、どうしてもそれを言わせたがる。

「今年のキーワード(もしくはトレンド)はこれこれですか?」と、誘導のような質問もある。そのたび事に、「それは三越さんの発表でしょ?」、「それ、高島屋さんが言っていることでしょ?」と、何度答えたか分からない。

三越伊勢丹がリードしてきたキーワード戦争

 例年の福袋のキーワードは、三越伊勢丹の提唱するそれになってしまう。理由は簡単。三越伊勢丹のお披露目会が一番早いからだ。

 ニュースやワイドショー、そして新聞でも、先陣を切った三越のお披露目会のことが伝えられる。その際、「キーワード」やら「傾向」やら、もっともらしい言葉が付け加えられて、報道される。最初のお披露目会だ、以降のそれとは扱い方も全然違う。

 その報道をネタにしたブログ、SNS、ツイッターなどで、「来年のキーワードは……」とか、「来年のトレンドは……」と増幅する。そしていつのまにかその年のキーワードとして定着してしまう。

 不思議なことなのだが、キーワード争いについて、三越伊勢丹が積極的に仕掛けているよ印象はない。それでもキーワードを制するのは、三越伊勢丹となってしまう。

 これは他の百貨店の絵責任も大きい。一番影響力のある三越伊勢丹に簡単にお披露目会の一番手を譲ってしまっているからだ。三越伊勢丹から10日、2週間遅れでお披露目会を開催しても、キーワード戦争に勝てるはずがない。

 そのころにはすでに翌年の福袋のキーワードと傾向は、一人歩きをはじめてしまっている。

「度肝を抜く」松屋

 ところが今年、大きな動きがあった。

 松屋があるキーワードをひっさげ、戦線に名乗りを上げてきた。そのキーワードとは、「度肝を抜く」である。

 インパクトはあるかもしれないが、銀座中央通りに面する老舗百貨店としてはいささか泥臭い。野暮ったいとさえ言えるだろう。このコピーを聞いて、「うまい!」と感じる人がどのくらいいるだろうか?

 だが、このキーワードは実に使い勝手がいい。それはお披露目会の席で理解ができた。

 2012年の新春に発売された福袋は、震災の影響もあり「絆」を、各社キーワードとした。この「絆」だが、体験系の福袋はともかく、主力となる洋服の福袋は作りにくい。被災地支援を目的に、「被災地域の工場で縫製した」を掲げた洋服系福袋もあるにはあったが、注目度は高くなかったようだ。

 ところが「度肝を抜く」は、「これでもか」というお得感満載の福袋には、どれにでも合ってしまう。洋服であろうと、食品であろうと、小物であろうと、その一言に集約できる。無駄な説明は要らない、余計な理屈もいらない、福袋の原点であるお得感に直結するのである。

「度肝を抜く」に、さっそくマスコミが飛びついた。

お披露目会の当日、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」の「クロスプログラム」で、「度肝を抜く」のキーワードが流れた。その「クロスプログラム」は、たまたま目にしたのだが、数秒のスポットに、「度肝を抜く」のコピーは見事に映えた。

 来春の福袋のキーワードをマスコミは何を採りあげるのだろうか? ネットの住民はどれを増幅するのだろうか?

 キーワードの勝負は始まったばかりだ。

文・恩田ひさとし

門松 アイコン    福袋

〜福袋研究会おすすめサイト〜

■Twitter 自由に使える読書感想文
■ホームベーカリーで作るダイエットパン
■フィットネス&ダイエット
■お粥の作り方
■105kg⇒66kg デブのダイエット日記
■105kgの元デブがマッチョに挑戦中!! 筋トレ日記
■元ヘビースモーカーで元デブの筋トレブログ
■テレショップワールド
■スタイリー調査隊
■軍事評論家総合研究所
■カタ屋研究会
■100万円懸賞ハンター
■焼き肉研究会
■合格祈願オンライン神社 合格天満宮
■アクセス向上大作戦
■ネットアイドルアカデミー
■人気メールマガジンの作り方
■メールマガジン一括投稿
■自分撮り講座
■自由に使える読書感想文
■自由に使える税金作文
■自由に使える環境作文
■自由に使える意見文・弁論文
■標語の作り方教室
■生活作文の書き方教室
■読書感想文の書き方教室【保護者編】
■読書感想文の書き方教室【生徒編】
■読書感想文攻略大作戦
■自由に使える読書感想文.com
■自由に使える読書感想文.net
■読書感想文.biz
■反省文の書き方教室
■詫び状の書き方教室
■始末書の書き方教室
■親子で書く絵葉書
■親子で書く年賀状
■親子で書く寒中見舞い
■葉書の書き方教室
■年賀状の書き方教室
■寒中見舞いの書き方教室
■クリスマスカードの書き方教室
■ジャーナリスト.biz
■フリージャーナリスト.jp
■フリージャーナリスト.com
■フリーライター.com
■フリーライター.jp
■ノンフィクションライター.jp
■ルポライター.jp
■スポーツライター.jp
■ノンフィクション作家.jp
■ダイエット研究家
■パン研究家
■ダイエッター.jp
■ネットアイドル.com
■ネトア.net
■受かる参考書・落ちる参考書
■英検にチャレンジ!!
■赤本徹底活用講座
■模擬試験徹底活用講座
■受験英語研究所